便秘解消は野菜がいいと言われるけどナゼ

便秘は、腸内の血行が悪くなると、起きてしまうものです。
野菜を食べることで、食物繊維を取って、便秘が解消される。
でも何で解消されるかご存知でしょうか。
善玉菌がどうのこうのという方もいますが、ここではもっと簡単にお話いたします。
それは、食物繊維は、胃で消化しきれずに小腸まで形を保持したまま流れていきます。
その食物繊維が小腸の内側を固形物として刺激を与えることで、腸内の血行を促進しているのです。
血行が良くなった腸は、活発に活動するので、結果として、腸内環境が好調になります。

では、次に、生活習慣病でよく言われる、肉中心生活は、どうしてダメなのでしょう。
肉は、身体の中に取り込むと、まず、不必要なガスを出します。そのガスは身体にとって有害ですが、それよりも、一番怖いのが、よく言われる悪玉菌です。

悪玉菌と日常生活で多く聞くので、それほど恐ろしいものと感じる方は少ないと思いますが、悪玉菌は放置すると、人間の身体をむしばみ、命を奪うこともあります。

 悪玉菌が腸内で生きていくのに必要なものは、たんぱく質や脂肪です。悪玉菌が主に行う仕業としては、胆汁酸という脂肪を分解してくれる分泌物を分解して、発ガンリスクを高めてしまいます。

この悪玉菌が腸内で繁殖する原因も、また、便秘です。
便が腸に長時間滞在すると、腸の腐敗に伴って、悪玉菌が増殖します。
なので、腸内環境がとても重要であることが、ここでわかります。

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、プエンテが2013年8月 7日 13:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「頭皮にとって悪い影響を与えてしまう物」です。

次のブログ記事は「ムダ毛の方法とおススメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ